健康支援事業のコンサルティング会社
株式会社 THF トップページ » メールマガジン » 2月25日号 THF Communication Vol.226

2月25日号 THF Communication Vol.226

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■                        
■■        THF Communication !!      
■                   <Vol.226>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ What's New ◆
~最新のTHF関連トピックスを紹介します~

□「研究データ収集」協力者募集 30歳代男女!
労働者の健康づくりを目的とする研究へのデータ収集協力者を募集します。
 対象者について(下記6項目の全該当者)
① 年齢30~39歳の男女 
②勤務地が茨城県、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県のいずれか
③1日当たり6時間(週4日)以上勤務するパート・アルバイト以外の被雇用者
④現在の勤務先で在職1年以上
⑤1年以内の健診結果写し(要血液検査)提出可能
⑥1時間半程度の説明・測定会と翌日以降1週間の活動量計装着(腕時計型と腰部装着型)、装着日誌記入が可能

 体力測定の日時について
下記日時のいずれか1日(1時間半程度)にご来社ください
2/28(金) 10:30~、19:00~
2/29(土)、3/1(日) 9:30~、11:30~、14:00~

場所:THF(つくば市天久保2-14-2 つくばイーストビル3階)

申し込みは、お電話またはメールにてお願いいたします。
募集の詳しい内容は、弊社ホームページをご覧ください。
https://thfweb.jp/01overview/research/kenkyukyouryokusya

----------------------------------------------------
◆ Academic News ◆
【Journal of Epidemiology】
握力の低下と認知症の関連を検討したコホート研究(久山町研究)。
60~79歳の日本人地域在住高齢者1,055人を1988年から2012年まで
24年間追跡した。そのうち、835人は1973~1974年の健康診断を受けていた。
この中年期の15年間の握力の変化で、大きく握力が低下した群では、
握力が不変または向上した群と比較して、認知症の発症リスクが
1.51倍(95%信頼区間:1.14~1.99)と高かった。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jea/30/1/30_JE20180137/_article

【JAMA Network Open】
閉経後女性における身体活動量と骨折リスクとの関連を
検討したコホート研究(Women's Health Initiative)。
50~79歳の閉経後女性77,206人を平均14.0年追跡した。
総身体活動量は多変量調整後の大腿骨骨折リスクと負の関連を示し、
週17.7メッツ時以上であると、非活動的な対照群と比較して、
ハザード比は0.82(95%信頼区間:0.72~0.95)となった。
一方、膝の骨折とは正の関連を示し、週17.7メッツ時以上であると、
ハザード比は1.26(1.05~1.50)となった。
https://jamanetwork.com/journals/jamanetworkopen/fullarticle/2753526

----------------------------------------------------
◆気になる健康関連ニュース◆

□配偶者のいない高学歴男性 死亡リスク2倍 JAGES調査
65~74歳の男女を対象にした配偶者の有無と教育歴の組み合わせで
死亡リスクを調査したところ、日本では配偶者がいない大卒男性で
配偶者のいる大卒男性の1.85倍高く、最も死亡リスクが高かったと発表した。
女性ではこうした差は認められなかった。
社会経済格差の大きい米国では、教育歴が低いと死亡リスクが高く、
配偶者がいれば健康リスクを緩和できるとの報告があるなど、
婚姻や高等教育が高齢者の健康に影響を与える可能性が指摘されている。
経済格差の小さい国の実態はあまり知られていなかった。
調査結果から、当初は米国のように中学卒業程度の死亡リスクが高いと思われたが、
男性では配偶者がいないと高いことがわかった。
高学歴だからといって健康リスクを見逃すことのないようにする必要があると指摘。
社会とのつながり方に着目し、支援することが重要と考えられるとした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ お知らせ ◆
□次号の発刊は、令和2年3月30日(月)です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎年花粉症やインフルエンザの話題であふれるこの時期に
今年は「新型コロナウィルス」が世界を不安にさせています。
なんでもそうですが、情報があふれている昨今。
多くの情報から、正しいものを選択できるようにしたいです。

【発行】株式会社THF( support@thfweb.jp
----------------------------------------------------
□ 当社についてのお問合せ
→ Tel:029-861-7617/Fax:029-861-7618
□ ホームページ → http://thfweb.jp/
(メルマガが不要な方はこちらより登録解除を行なって下さい)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━