健康支援事業のコンサルティング会社
株式会社 THF トップページ » メールマガジン » 6月29日号 THF Communication No.230

6月29日号 THF Communication No.230

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■                        
■■        THF Communication !!      
■                   <No. 230>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ What's New ◆
~最新のTHF関連トピックスを紹介します~

田中喜代次(筑波大学名誉教授)コラム
令和2年度の健康づくり指導者研修会
「栄養の確保と運動の安全な実践に向けて“薬”を考える」が
6月22日に茨城県立健康プラザにて開催された。

まず、今回のコーディネータである弊社の代表取締役社長かつ
筑波大学名誉教授(日本介護予防・健康づくり学会会長)田中喜代次が
「服薬リテラシーの重要性~栄養の確保と運動の実践~」について、
次に筑波大学医学医療系教授(総合病院水戸協同病院副院長)小林裕幸氏が
「高齢者と多すぎる薬~薬の主作用と副作用~」について、
最後にビックママあこ薬局(常陸大宮薬剤師会副会長)根田滋氏が
「医師と薬剤師とのスマートな連携」について講義した。

参加者は熱心に講義を拝聴し、非常に有益な内容だったと好評であった。
以下に、概要の一部を紹介する。
① ポリファーマシーは身体活動量や食事量を減らしてしまう
② 60歳と80歳では服薬量を替えることも要検討すべき
③ 降圧薬、血糖降下薬、高脂血症薬にも副作用が少なくない
④ 睡眠薬や抗不安薬(ベンゾジアゼピン系)は入眠効果があるものの、
睡眠の質を落としかねず、認知機能の悪化(せん妄など)や筋弛緩作用をもたらしうる
⑤ 認知症に処方されるコリンエステラーゼ阻害薬は、食欲不振、嘔吐、下痢のほか、
寡動(hypokinesis:パーキンソンニズムの一種)、運動失調、振戦、歩行異常、
言語障害、横紋筋融解症などを招くことがありうる
⑥ 薬を服用する本人のみならず、家族や親しい人の薬リテラシーの向上が必要であり、
そのためには環境改善や教育・研修の機会を提供することが重要である
⑦ そのほか、医師・薬剤師ともに患者にじっくり寄り添える時間を確保できない現実、
shared decision makingやコンコーダンスの重要性、薬手帳・薬局の一本化、
理想の多職種連携と現実を睨んだ小職種活躍、これからの薬局の姿(ロボットの導入)
についての意見交換 など

-------------------------------------------------------
◆ Academic News ◆

【Cancer Epidemiology, Biomarkers & Prevention】
客観的に評価した低強度身体活動量とがん死亡率との関連を検討したメタ解析。
5つの前向きコホート研究をメタ解析し、低強度身体活動時間30分あたりの死亡率の
ハザード比を算出した。その結果、低強度身体活動時間30分あたりの死亡率 は、
0.86(95%信頼区間:0.79-0.95)となり、さらに量反応関係が認められた。
また、座位時間30分を低強度身体活動時間に置き換えることにより、
がん死亡率が9%下がることが示された。
https://cebp.aacrjournals.org/content/29/5/1067.long

【Lancet Diabetes & Endocrinology】
カタールにおける集中的な生活習慣介入の有効性を検証したランダム化比較試験。
18~50歳で、3年未満に2型糖尿病を発症した、BMI 27以上の158人を対象とした。
集中的な生活習慣介入を実施する介入群と、通常治療を実施する対照群にランダムに割り付けた。
主要評価項目は12ヵ月後の体重であった。その結果、介入群の体重は12ヵ月間で11.98 kg減少し、
3.98 kgの減少にとどまった対照群との間に有意差が認められた。
また、糖尿病の寛解が介入群の61%で認められ、対照群の12%と比較して、有意差が認められた。
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S2213858720301170

-------------------------------------------------------
◆気になる健康関連ニュース◆

□通いの場が健康格差改善の可能性
趣味の会、スポーツの会の参加割合と比べて、通いの場への参加割合が低所得・
低学歴の人に高いことが日本老年学的評価研究(JAGES)の調査で分かった。
平成27年度から介護予防事業で住民主体の通いの場を通じて高齢者の社会参加が推進されている。
また、令和2年度からの高齢者の保健事業と介護予防の一体的な実施でも、
通いの場の取り組み内容の充実や、参加の拡大が必要とされている。
低所得・低学歴の人の社会参加割合が低いと、高所得・高学歴の人との
健康格差が拡大する可能性がある。したがって、通いの場を通じて社会参加をすることで、
健康格差の縮小が期待できるとされている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ お知らせ ◆
□次号の発刊は、令和2年7月27日(月)です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
梅雨の季節になりました。私は先日、レインシューズを購入し、
雨の中歩いても靴の中が濡れないようにしました!
雨が降り、気分は少しどんよりしがちですが、
新品の靴を履いて歩くのでルンルンな気分も味わっています!

【発行】株式会社THF( support@thfweb.jp
-----------------------------------------------------
□ 当社についてのお問合せ
→ Tel:029-861-7617/Fax:029-861-7618
□ ホームページ → http://thfweb.jp/
(メルマガが不要な方はこちらより登録解除を行なって下さい)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━