健康支援事業のコンサルティング会社
株式会社 THF トップページ » メールマガジン » 10月28日号 THF Communication Vol.222

10月28日号 THF Communication Vol.222

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■                        
■■        THF Communication !!      
■                   <Vol.222>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ What's New ◆
~最新のTHF関連トピックスを紹介します~

□「研究データ収集」協力者募集
労働者の健康づくりを目的とする研究へのデータ収集協力者を募集します。
 対象者について(下記6項目の全該当者)
①年齢30~59歳の男女
②勤務地が茨城県、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県のいずれか
③1日当たり6時間(週4日)以上勤務するパート・アルバイト以外の被雇用者
④現在の勤務先で在職1年以上
⑤1年以内の健診結果写し(要血液検査)提出可能
⑥1時間半程度の説明・測定会と翌日以降1週間の活動量計装着(腕時計型と腰部装着型)、
装着日誌記入が可能、

 体力測定の日時について
下記日時のいずれか1日(1時間半程度)にご来社ください
○11/2(土)、3(日)、13(水)、16(土)、17(日)、27(水)、30(土)、
○12/1(日)、12(木)、14(土)、15(日)
※平日は19:00~
※土日は9:30~、11:30~、14:00~
場所:THF(つくば市天久保2-14-2 つくばイーストビル3階)

申し込みは、お電話またはメールにてお願いいたします。
募集の詳しい内容は、弊社ホームページをご覧ください。
https://thfweb.jp/01overview/research/kenkyukyouryokusya
-------------------------------------------------------
◆ Academic News ◆

【British Medical Journal】
身体活動と死亡リスクに関するシステマティックレビューとメタ解析。
採択基準を満たした8つの研究の個別データ36,383人(平均年齢62.6歳、女性72.8%)を5.8年間追跡したデータセットを解析した。
その結果、運動強度が低くても高くても、身体活動時間が長ければ死亡率は低かった。活動時間で4等分して、
最も短い活動時間の第一4分位群と比較して、第二4分位群で死亡のハザード比が0.48と半減しており、以降、0.34、0.27となっていた。
座位時間と死亡率との関連については、最も短い座位時間の第一4分位群と比較して、第二4分位群以降、1.28、1.71、2.63となっていた。
https://www.bmj.com/content/366/bmj.l4570.long
【JAMA Network Open】
活動量計で評価した高齢者の身体活動量と死亡率との関連を検討した。対象者は65歳以上の548人(平均年齢75.8歳、女性47.8%)で、
平均4.4年間追跡した。解析の結果、総身体活動時間は死亡率と関連しなかった。一方、継続時間が5分未満の身体活動時間は死亡率と関連し、
5-10分、10分以上継続するような身体活動時間とは関連しなかった。機能制限のない65歳以上の高齢者にとっては、5分未満の細切れの身体活動が多いほど、
死亡率は低いことが示唆された。
https://jamanetwork.com/journals/jamanetworkopen/fullarticle/2752084

-------------------------------------------------------
◆気になる健康関連ニュース◆

□第36回「健康なまちづくり」シンポジウム
国保中央会主催の第36回「健康なまちづくり」シンポジウムが、市町村の健康づくりを担当する職員らの出席のもと、開催された。
講演やシンポジウムでは、フレイル(虚弱)予防に向けた高齢者の保健事業の実例などが報告された。国保中央会の原勝則理事長は、
来年4月から高齢者の保健事業と介護予防の一体的実施が開始されることにふれ、「元気な高齢者、軽度な要支援高齢者が急増していく中で、
本人のQoLはもとより、地域包括ケアの実現や持続可能な医療介護制度の構築にとって意義深いことである」と述べ、
その取組みを中心的に担うのは市町村だとして上で、都道府県や私たち関係団体が市町村を支えていかなければならない」との考えを示した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ お知らせ ◆
□次号の発刊は、令和元年11月25日(月)です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
11月になると紅葉の季節ですね!紅葉を見ながら、ハイキングをすることで心も晴れやかになりますね!
今の季節にしか見ることができない風景なので、是非、外出をして紅葉を楽しんでください!

【発行】株式会社THF( support@thfweb.jp
-----------------------------------------------------
□ 当社についてのお問合せ
→ Tel:029-861-7617/Fax:029-861-7618
□ ホームページ → http://thfweb.jp/
(メルマガが不要な方はこちらより登録解除を行なって下さい)
□ 筑波大学田中研究室
http://www.taiiku.tsukuba.ac.jp/~tanaka/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━