健康支援事業のコンサルティング会社

6月25日号 THF Communication Vol.206

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■                        
■■        THF Communication !!      
■                   <Vol.206>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ What's New ◆
~最新のTHF関連トピックスを紹介します~

□第16期スマートダイエット教室開催のご案内
~運動を取り入れた全8回コースです~

「スマートダイエット」は、筑波大学の研究成果から開発された、
食生活改善(食育)を中心とした減量教育プログラムです。
今回も運動を取り入れた全8回コースの「第16期スマートダイエット教室」を
9月から開催いたしますので、以下ご案内いたします。
お得なペア割もありますので、ぜひこの機会にお誘いあわせの上、
スマートダイエット教室にご参加ください。

【日 時】 木曜日コース(全8回)
日程:9月6,13,20,27日、10月4,11,18,25日
時間:10時~12時

【場 所】 株式会社THF301号室
住所:茨城県つくば市天久保2-14-2
つくばイーストビル 301

【対 象】 減量したい方(先着10名)

【受講料(1人あたり)】
■1人で参加:税込32,000円
■ペアで参加:税込28,000円
(別途教材費税込3,000円)
【申込み方法】
      ■電話から 029-861-7617(月~金:10~17時)
      ■webから http://thfweb.jp/
       トップページ 「スマートダイエット教室inつくば」より
 
教室の詳しい内容は、弊社ホームページをご覧ください。
https://thfweb.jp/01overview/smartdiet/tsukuba-class/

-------------------------------------------------------
◆ Academic News ◆
~最近の気になる研究や論文情報を紹介します~

【British Journal of Sports Medicine】
加速度計で評価した身体活動量と死亡率との関連を、
英国におけるコホート研究参加者3137人(71~92歳)を
対象に検討した。5年間の追跡調査の結果、死亡率は
座位時間が30分増えると1.17倍(95%信頼区間:1.10-1.25)、
低強度身体活動時間が30分増えると0.83倍(0.77-0.90)、
中高強度身体活動時間が10分増えると0.90倍(0.84-0.96)であった。
10分間以上継続するような中高強度身体活動時間が
週150分以上であると、死亡率は0.59倍(0.43-0.81)となったが、
座位時間を中断するだけでは死亡率と関連しなかった。
http://bjsm.bmj.com/content/early/2018/05/24/bjsports-2017-098733.long

【International Journal of Behavioral Nutrition and Physical Activity】
東京都大田区の65~84歳の男女8592名を対象に、
個人・地域レベルの近所づきあいと身体活動量との関係を
マルチレベル分析によって検討した。男女とも、
近所づきあいが乏しい個人ほど中高強度身体活動量が低かった。
一方、近所づきあいが活発な地域に住む男性では、
その個人の近所づきあいの程度に関わらず、近所づきあいが
不活発な地域に住む男性よりも中高強度身体活動量が高かった。
この文脈効果は、女性では観察されなかった。
https://ijbnpa.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12966-018-0679-z


-------------------------------------------------------
◆気になる健康関連ニュース◆

□JAGES 認知症の発症リスク評価のスコアを開発

日本老年学的評価研究(JAGES)プロジェクトの一環で、
認知症の発症リスクを簡単に特定できる参考指標「認知症の
リスク評価スコア」を開発した。基本チェックリストや健診データから、
認知症の発症と関連する項目を尺度とし、点数が大きいほど、
発症リスクが高くなる。
簡単なツールで認知症発症リスクを特定することで、
生活習慣に関連した認知症のリスクを低下させる活動に
つなげることが期待される。
今回の指標開発の調査結果について、「指標の点数が大きく
ならずに済むような環境を自治体がつくっていくということが
考えられる」とまちづくりにも反映していくことに期待を寄せた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ お知らせ ◆
□次号の発刊は、平成30年7月30日(月)です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7月7日といえば、私は真っ先に七夕が頭にうかびますが、
小暑(しょうしょ・梅雨があける)も7月7日です。
毎年ですが、今年も夏がやってきます。日焼けには気を遣いながら、
暑い時にしかできないことを存分に楽しみたいと思います。

【発行】株式会社THF( support@thfweb.jp
-----------------------------------------------------
□ 当社についてのお問合せ
→ Tel:029-861-7617/Fax:029-861-7618
□ ホームページ → http://thfweb.jp/
(メルマガが不要な方はこちらより登録解除を行なって下さい)
□ 筑波大学田中研究室
http://www.taiiku.tsukuba.ac.jp/~tanaka/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━