健康支援事業のコンサルティング会社

6月26日号 THF Communication Vol.194

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■                        
■■        THF Communication !!      
■                   <Vol.194>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ What's New ◆
~最新のTHF関連トピックスを紹介します~

□第1回シルバーリハビリ体操指導士養成講師認定講習会のご案内
     
弊社代表取締役社長・田中喜代次先生が副理事を務める
「NPO法人日本健康加齢推進機構」がシルバーリハビリ体操指導士
養成講師認定講習会を開催します。
この講習会では、地域住民を対象とした介護予防ボランティア
「シルバーリハビリ体操指導士」の養成を担う講師の資格を認定します。

【主催】 NPO法人日本健康加齢推進機構
【協力】 茨城県立健康プラザ
     公益財団法人日本理学療法士協会
【後援】 茨城県
【日時】 (ステップ1)
      平成29年7月6,7日(2日間)
     (ステップ2)
      平成29年7月31日~8月2日(3日間)
【会場】 茨城県立健康プラザ(水戸市笠原町993-2)
【受講料】ステップ1 1人あたり27,000円
     ステップ2 1人あたり54,000円

詳細は、日本健康加齢推進機構ホームページより募集要項をご覧ください。
https://nihonkenkoukarei.org/get_involved/#kousyukai


□平成29年度新しい総合事業担当者セミナーの開催
 ~一般介護予防事業の充実に向けて~

先月お知らせしましたセミナーの参加者を募集しています。

住民一人ひとりの生活の質の向上や健康長寿の延伸に向けて、
一般介護予防事業における市町村の取り組みや課題を共有し、
事業の充実に向けた情報提供・意見交換を通じて、地域の
ニーズに応じた解決策を考えていきます。参加費は無料です。

【後援】 NPO法人日本健康加齢推進機構
【日時】 平成29年7月23日(日)13:30~16:00
     (受付 13:15~)
【会場】 茨城県立健康プラザ(水戸市笠原町993-2)
【対象】 自治体、各種団体の新しい総合事業ご担当者さま等
【定員】 40名(先着順)
【内容】 ◇総合事業における住民主体の介護予防の展望
     ◇市町村自治体による介護予防事業事例発表
     ◇介護予防事業の充実に向けた意見交換・情報提供

【申込方法】  参加をご希望される方は、THFまでお電話(029-861-7617)にてお申し込みください。
       ※お申し込みされた方へは別途詳細をお送りいたします。

★セミナーリーフレットはURLよりご覧いただけます。
http://thfweb.jp/documents/H29.seminar_HP-2.pdf
    
-------------------------------------------------------
◆ Academic News ◆
~最近の気になる研究や論文情報を紹介します~

【International Journal of Obesity】
イングランド、フィンランド、フランス、スウェーデンのコホート研究から、
健康寿命とBMIの関連を検討した。50~75歳の間にBMIが増加すると、
健康寿命(自覚的に健康である期間)が短くなった。
標準体重(BMI18.5-25)と肥満2度(BMI>35)との間の差は7年分に相当した。
疾患のない期間についても同様で、標準体重と肥満2度との間の差は9年分に相当した。
https://www.nature.com/ijo/journal/v41/n5/full/ijo201729a.html

【New England Journal of Medicine】
高齢肥満者160人を対象とした体重管理プログラムと運動の
併用効果を検討したランダム化比較試験。
以下の4群に割り付けられた:体重管理+有酸素運動群、
体重管理+レジスタンス運動群、体重管理+有酸素運動+レジスタンス運動群、
体重管理も運動もおこなわない対照群。6ヵ月間の身体機能の変化、
体組成の変化を検討した結果、身体機能は体重管理+有酸素運動+レジスタンス運動群で
最も改善した。対照群と比較すれば、すべての運動群で改善していた。
除脂肪量は有酸素運動群よりもレジスタンス運動群または併用群で
減少量が小さく抑えられた。骨密度の減少量についても同様であった。
http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1616338



-------------------------------------------------------
◆気になる健康関連ニュース◆

□第三期特定健診・保健指導の見直し最終案は今夏に公表

厚生労働健康局の特定健康診査・特定保健指導の在り方に
関する検討会の最終会合が開かれ、「標準的な健診・保健指導プログラム」の
改定案を大筋でまとめた。
その中で、年齢層を考慮した健診・保健指導の必要性についても説いている。
特定健診等対象者であって高い年齢層にあたる65歳以上
74歳以下の健診・保健指導では、対策の重点をメタボから
ロコモやフレイル等の予防・改善に徐々に転換することも
必要とした。高齢者への保健指導では、介護予防につなげるためにも
体重変化や活力の低下、身体活動量の減少の有無を確認することが
望ましいこと、内臓脂肪の蓄積が考えられる場合でも低栄養や
筋肉量の低下を防ぐために急激な減量を避けるように注意することを
示した。また、75歳以上に対しても8割以上がかかりつけ医を
受診していることから、かかりつけ医と連携した取り組みを
進めることが必要としている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ お知らせ ◆
□次号の発刊は、7月31日(月)です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関東も梅雨入りしましたが、つくばは雨の日が少なく、
過ごしやすいように感じます。来月は7月、夏到来です。
暑さと湿度に体力を奪われてもバテないように準備したいと思います。

【発行】株式会社THF( support@thfweb.jp
-----------------------------------------------------
□ 当社についてのお問合せ
→ Tel:029-861-7617/Fax:029-861-7618
□ ホームページ → http://thfweb.jp/
(メルマガが不要な方はこちらより登録解除を行なって下さい)
□ 筑波大学田中研究室
http://www.taiiku.tsukuba.ac.jp/~tanaka/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━