健康支援事業のコンサルティング会社

12月25日号 THF Communication Vol.200

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■                          
■■      THF  Communication !!
■                   < Vol.200 >
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ What's New ◆
~最新のTHF関連トピックスを紹介します~

□第 2 回シルバーリハビリ体操指導士養成講師認定講習会のご案内

弊社代表取締役社長・田中喜代次先生が副理事を務める
「 NPO 法人日本健康加齢推進機構」が
シルバーリハビリ体操指導士養成講師認定講習会を開催します。
この講習会では、地域住民を対象とした介護予防ボランティア「
シルバーリハビリ体操指導士」の養成を担う講師の資格を認定します。

【主催】 NPO法人日本健康加齢推進機構

【協力】 茨城県立健康プラザ
     公益財団法人日本理学療法士協会

【後援】 茨城県

【日時】 (ステップ 1 )
      平成 30 年 1 月 31,2 月 1 日( 2 日間)
     (ステップ 2 )
      平成 30 年 2 月 26 日~ 2 月 28 日( 3 日間)

【会場】 茨城県立健康プラザ(水戸市笠原町 993-2 )

【受講料】ステップ 1 1 人あたり 27,000 円
     ステップ 2 1 人あたり 54,000 円
     (別途教材費 1,620 円)

詳細は、日本健康加齢推進機構ホームページより募集要項をご覧ください。
https://nihonkenkoukarei.org/get_involved/#kousyukai


□スマートダイエット指導者養成講習会のご案内
~減量支援に興味のある方におすすめです~

適正な体重の自己管理に有益な知識と技術を有した減量を支援する指導者を
養成するため、減量支援にご関心のある方を対象に、
スマートダイエット理論を身につけていただく講習会を開催しています。
第 22 回開催概要は以下の通りです。
減量支援に関心のある方は、是非ご参加ください。

【日時】 平成 30 年 6 月 19 日(火) 10 : 00 ~ 17 : 30
(休憩 1 時間を含む)

【場所】 テクノジムジャパン株式会社 セミナー室
東京都品川区東品川 2-3-12
シーフォートスクエアセンタービルディング 18 階
【料金】 税込 30,000 円(テキスト等の教材費を含む)

【定員】  20 名(先着順)

【対象】  18 歳以上

内容などの詳細、お申し込み方法については
弊社ホームページをご覧ください。
http://thfweb.jp/01overview/NEWS01.html

-----------------------------------------------------
◆ Academic News ◆
~最近の気になる研究や論文情報を紹介します~

【 Gerontologist 】
笑いが運動プログラムに含まれると、運動が継続されるかもしれない。
LaughActive と名付けられた、筋力・バランス・柔軟トレーニングに
笑いを付加することよって、身体活動量や健康、身体活動に対する
自己効力感に効果をもたらすかを検証した。高齢の施設入居者27人を
対象に検証した結果、SF-36v2の精神的健康の他、有酸素性能力や、
運動に対する自己効力感が有意に改善した。
このことから笑いを含めた運動プログラムの有用性が示唆された。
https://academic.oup.com/gerontologist/article/57/6/1051/2632022

【 New England Journal of Medicine 】
女性 47,994 人と男性 25,745 人を 1998 年から 2010 年まで追跡し、
12年間の食事の質の変化と死亡率との関連を検討したコホート研究。
食事の質が最も改善した群では、ほとんど変化しなかった群と比較して、
全死因死亡のハザード比が低値を示した。
そのハザード比は食事の質の評価方法によって異なり、
Alternate Healthy Eating Indexでは0.91(95%信頼区間 0.85-0.97)、
Alternate Mediterranean Diet score では0.84(0.78-0.91)、
DASH scoreでは0.89(0.84-0.95)であった。
http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1613502

-------------------------------------------------------
◆ 気になる健康関連ニュース ◆

□社会的つながり多いと認知症発症リスクが 46 %減少

国立長寿医療研究センター老年社会科学研究部の斎藤室長らの研究で、
要介護認定非該当だった65歳以上の男女1万4千人(平成15年時点を、
約9年追跡調査をおこない、認知症を伴う要介護の発生状況を把握し、
社会関係変数を測定して、認知症発症リスクとの関連を検証した。
【結果】認知症発症リスクを低減させる社会関係変数として、
①配偶者がいる
②支援に関する同居家族とのやりとりがある
③友人との交流がある
④地域のグループ活動に参加している
⑤何らかの就労をしている 
の5項目が関連していた。5項目すべてにあてはまる群では、
0~1項目の少ない群に比べて発症リスクが46%低減しており、
社会関係が多岐にわたる群の認知症発症リスクは低くなる可能性を示唆した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ お知らせ ◆
□次号の発刊は、平成 30 年 1 月 29 日(月)です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本メールマガジンが vol.200 となりました!
いつもお読みいただき、ありがとうございます。
今日はクリスマスですね。
大人になったので、サンタさんはやってきませんが、
聖なる夜を静かに過ごすのもいいですね。
年越し、お正月も大イベントです。
暴飲暴食しないように心がけます。よいお年を (^_^)/~

【発行】株式会社THF( support@thfweb.jp
-----------------------------------------------------
□ 当社についてのお問合せ
→ Tel : 029-861-7617 / Fax : 029-861-7618
□ ホームページ → http://thfweb.jp/
(メルマガが不要な方はこちらより登録解除を行なって下さい)
□ 筑波大学田中研究室
http://www.taiiku.tsukuba.ac.jp/~tanaka/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━