THFメールマガジン

■THF Communication!!vol.190

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■

■■ THF Communication !!

■                    < Vol.190 >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

What's New ◆

〜最新のTHF関連トピックスを紹介します〜

 

□【 3 月 5 日(日)・ 4 月 16 日(日)】認知症予防脳トレ士養成講座

にて THFスタッフが講師を務めます。

 

NPO 法人こころとからだの介護予防協会が主催する

「認知症予防脳トレ士養成講座」にて、弊社代表の田中教授と

取締役の小澤が講師を務めます。

「認知症予防脳トレ士養成講座」の特長は、@脳力の衰えと認知症、

A予防の基礎、B予防カリキュラム・予防教室の開き方・

指導スキルが学べることです。

ご興味、ご関心がある方はぜひご参加ください。

 

【東京会場】

平成 29 年 3 月 5 日(日) 11 : 00 〜 16 : 30

ハロー貸会議室八重洲フィナンシャルビル 9 階 F 室

(東京都中央区日本橋 3-4-13 )

【大阪会場】

平成 29 年 4 月 16 日(日) 13 : 00 〜 16 : 30

大阪産業創造館(大阪市中央区本町 1-4-5 )

【定員】各会場 20 名

【内容】認知症予防に期待される「エクササイズ」、

脳トレ実践、認知症予防と脳の働き など

講習会の詳細は以下の HP をご覧ください。

http://ninchisyoyobo.com/mci-seminar01.html


-----------------------------------------------------

◆ Academic News ◆

〜最近の気になる研究や論文情報を紹介します〜

 

【 Diabetes Care 】

アメリカ糖尿病学会による身体活動・運動と糖尿病に関するレポート。

座位行動は減らすべき(エビデンスレベル B :根拠あり)で、

30 分ごとに軽度の身体活動で座位行動を中断すべきである

(エビデンスレベル C :根拠は十分ではない)。

このことは、運動を増やすこととは独立して健康に影響する

(エビデンスレベル C )。週 150 分以上の身体活動と 5-7% の減量は

2 型糖尿病の予防となる(エビデンスレベル A :強い十分な根拠がある)。

1 型糖尿病であっても身体活動の健康利益は得られる(エビデンスレベル B )。

http://care.diabetesjournals.org/content/39/11/2065.long

 

【 Journal of the American Geriatrics Society 】

社会参加と手段的日常生活動作能力( IADL )の関連性について、

高齢者を対象に検討した奈良県における前向きコホート研究。

65 〜 96 歳の男性 2,774 人、女性 3,586 人を対象に質問紙で調査した。

3 年間の追跡調査の結果、男性の 13.6% 、女性の 9.0% で IADL の低下が認められた。

さまざまな社会参加は女性の IADL の低下を抑制した。

IADL と有意な関連が認められた社会参加は、

男性では趣味クラブ(オッズ比 0.68 )、女性では地域イベント(同 0.68 )、

趣味クラブ( 0.53 )、老人クラブ(同 0.74 )、

ボランティアグループ(同 0.56 )だった。

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jgs.14447/abstract;jsessionid=12BC4D0CE6E53DC580A5F6588233C321.f03t04


-------------------------------------------------------

◆ 気になる健康関連ニュース ◆

□ 2030 年の社会変化へ、高齢者の認識に変更必要

 

経済財政諮問会議に設置された「 2030 年展望と改革タスクフォース」は

働き方の多様化、定年延長、「 65 歳以上は高齢者」との認識の変化などを

進めると同時に、社会保障給付の効率化に取り組むことが必要だと

提案している。

年齢に関わりなく仕事や社会活動に活躍する『健康長寿・生涯現役社会』や、

「 AI 等を活用した診断支援や遠隔医療の普及」などが求められるとした。

さらに社会保障制度の持続可能性のためには給付の効率化が必要だとし、

@医療・介護のアウトカム評価重視への移行A費用負担を年齢別から

負担能力別になどの観点から見直しB年金受給年齢のあり方などを

検討すべきだとしている。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ お知らせ ◆

□次号の発刊は、 3月27日(月)です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

少しずつ春の足音が聞こえてまいりましたね。

筑波山では、幸せを「梅」「筑」す(うめつくす)という

イベントを開催中です。春を感じに、つくばへお越しください。


【発行】株式会社THF( support@thfweb.jp

-----------------------------------------------------

□ 当社についてのお問合せ

→ Tel : 029-861-7617 / Fax : 029-861-7618

□ ホームページ → http://thfweb.jp/

(メルマガが不要な方はこちらより登録解除を行なって下さい)

□ 筑波大学田中研究室

http://www.taiiku.tsukuba.ac.jp/~tanaka/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 
戻る