THFメールマガジン

■THF Communication!!vol.180

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■

■■ THF Communication !!

■                    < Vol.180 >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

What's New ◆

〜最新のTHF関連トピックスを紹介します〜

 

□スマートダイエット教室開催のご案内

〜減量に興味のある方にお奨めです〜



「スマートダイエット」は、筑波大学の研究成果から開発された、
食生活改善(食育)を中心とした減量教育プログラムです。
ご好評により、今年度もスマートダイエット教室を
開催することが決定いたしましたので、以下ご案内いたします。
ぜひこの機会に、お誘いあわせの上スマートダイエット教室にご参加ください。

【日時】
●土曜日コース(全6回)
日程:5月14・21・28日、6月11・25日、7月9日
時間:10時〜12時

●火曜日コース(全6回)
日程:6月7・14・21日、7月5・19日、8月2日
時間:10時〜12時

【場 所】:株式会社THF301号室
(茨城県つくば市天久保 2-14-2 つくばイーストビル 301)
【対 象】:減量したい女性
【定 員】:各コース10名
【受講料】:税込25,000円(別途教材費税込3,000円)
【申込み方法】:お電話にてお申し込みください080-5423-7985
(10:00〜17:00受付。連休中も休まず受付いたします)

教室の詳しい内容は、弊社ホームページをご覧ください。
http://thfweb.jp/01overview/301SD201605.html
また、お知り合いの方で減量に興味がある方がいらっしゃいましたら、
ぜひ当教室をご紹介ください。


□「健康づくり体感フェア2016」が平成28年5月22日(日)10:00〜12:00に
千葉県野田市役所(8階大会議室)にて開催されます。


平成18年より開始し、今年度で11年目を迎える「野田市健康づくり
推進プロジェクト」は高齢期に入る前からの積極的介護予防と
市民同士で支える健康づくりを目的としています。
主な内容としては、生活習慣病の予防や要介護化予防を目的とした
各種教室の開催、介護予防サポーター(地域の介護予防教室等で
支援が必要な高齢者を支えるボランティア)を育成するための研修など、
様々な事業をおこなっています。
「健康づくり体感フェア2016」は平成27年度の事業成果報告のほか、
“元気長寿、からだの不調との共生、脳の活性化”をテーマに、
筑波大学体育系 田中喜代次教授による講演をおこないます。
また、野田市オリジナル介護予防体操「えだまめ体操」や、
来場者プレゼントのミニボールを使った脳活性化トレーニング体験
も予定しております。是非この機会に、市民同士で支える
野田市の健康づくりを体感してみませんか?
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

-----------------------------------------------------

 

◆ Academic News ◆

〜最近の気になる研究や論文情報を紹介します〜

 

【British Medical Journal】
日本の前向きコホート研究であるJPHC研究(Japan Public Health Center based Prospective Study)に参加している45〜75歳の
男性36,624人、女性42,970人のデータから、食事バランスガイドの
遵守得点と死亡率との関連を検討した。平均14.9年間の追跡結果から、
遵守得点が高いと死亡率が低いことが示された。
http://www.bmj.com/content/352/bmj.i1209.long

【New England Journal of Medicine】
1967年から2010年までのイスラエルの青年230万人(平均年齢17.3歳)に
ついて、2011年まで追跡し、42,297,007人のデータから、
青年期のBMIとその後の循環器疾患死亡との関連を検討した。
その結果、標準範囲と考えられている50〜74パーセンタイルであっても、
死亡率を高めることが示された。
http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1503840

-------------------------------------------------------

 

◆気になる健康関連ニュース◆

 

□JAGESが調査「地域の結びつき」PTSD発症を抑制

日本老年学的評価研究(JAGES)プロジェクトは、東日本大震災前の
地域の結びつきが心的外傷後ストレス障害(PTSD)の発症を抑制している
可能性があるとの調査結果を明らかにした。被災していても、
震災前の社会的結びつきが豊かなコミュニティに暮らす人たちでは
2割前後PTSDの発症リスクが下がっていた。この調査は震災前の
社会的結びつきのデータを使用した世界でも極めて稀な研究であるとして、
米国国立衛生研究所の助成を受けた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ お知らせ ◆

□次号の発刊は、 5月30日 (月)です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

熊本県で発生した地震により被災された皆さまには、
心よりお見舞いを申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます。

 

【発行】株式会社THF( support@thfweb.jp

-----------------------------------------------------

□ 当社についてのお問合せ

→ Tel : 029-861-7617 / Fax : 029-861-7618

□ ホームページ → http://thfweb.jp/

(メルマガが不要な方はこちらより登録解除を行なって下さい)

□ 筑波大学田中研究室

http://www.taiiku.tsukuba.ac.jp/~tanaka/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 
戻る