THFメールマガジン

■THF Communication!!vol.164

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■

■■ THF Communication !!

■                    < Vol.164 >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

What's New ◆

 

□【ペア割開始】個人向けスマートダイエット教室開催のご案内

〜減量に興味のある方にお奨めです〜

 

「スマートダイエット」は、筑波大学の研究成果から開発された、

食生活改善(食育)を中心とした減量教育プログラムです。

ご好評により、平成 27 年 1 月 16 日から開催することが

決定いたしましたので、以下ご案内いたします。

今回よりペア割を導入いたしました!

通常 32,000 円(税込)のところ、

ご家族・ご友人など、ペアでご参加される方は

お一人 27,000 円(税込)です。ぜひこの機会に、

お誘いあわせの上スマートダイエット教室に

お越しいただけますと嬉しいです。

 

【初回日時】:平成 27 年 1 月 16 日(金) 10:00 〜 12:00

【全日程】:平成 27 年 1 月 16 日・ 23 日・ 30 日、

2 月 6 日・ 13 日・ 27 日、 3 月 13 日・ 27 日(全 8 回、毎回金曜日)

【場 所】:株式会社 THF 301 号室

(茨城県つくば市天久保 2-14-2 つくばイーストビル 301 )

【定 員】:概ね 15 名程度

【対 象】:健康的に痩せたい方

【受講料】:お一人で参加される方は税込 32,000 円、

ペア(ご家族・ご友人等)でご参加される方は税込 27,000 円

【申込み方法】: 029-861-7617

(平日 10:00 〜 17:00 受付。お電話にてお申し込みください)

 

教室の詳しい内容は、弊社ホームページをご覧ください。

http://thfweb.jp/01overview/301SD201501.html

お知り合いの方で減量に興味がある方がいらっしゃいましたら、

ぜひ当教室をご紹介ください。

 

-----------------------------------------------------

◆ Academic News ◆

〜最近の気になる研究や論文情報を紹介します〜

 

【Lancet】

30歳以上の125万人を対象に5.2年間追跡し、血圧と12種類の

循環器疾患発症との関連を検討した。

発症リスクが最も低いのは収縮期血圧 90-114、

拡張期血圧60-74であり、血圧が低過ぎることによるリスク上昇は

認められなかった。収縮期血圧が高いことによる発症リスク は

脳内出血で1.44倍、くも膜下出血で1.43倍、

安定狭心症で1.41倍であった。血圧が140/90以上または

服薬をしていると、全循環器疾患発症リスクは標準血圧者と比べて、

5.0年早く発症した。

http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736%2814%2960685-1/abstract

 

【Age and Ageing】

日本人高齢者の歩行速度、歩数、死亡率の関連性を検討した。

対象は65歳以上の男性990名、女性1025名。解析の結果、

歩行速度が遅いと死亡率が増加していた。男性では、

歩行速度が遅くても1日に1時間以上歩いていると、

歩行速度が普通あるいは速い人と同じ程度の死亡率を示した。

女性ではその傾向は見られず、歩行速度が遅いと普通・速い人の

3倍の死亡率を示した。

http://ageing.oxfordjournals.org/content/44/1/153.abstract

 

-------------------------------------------------------

◆気になる健康関連ニュース◆

 

□「健康な食事」の基準でシンポジウム

 

第 73 回日本公衆衛生学会総会で開かれたシンポジウム

「日本人の長寿を支える『健康な食事』で、健康増進と産業振興の

真の協働は可能か」では、平成 27 年 4 月からコンビニエンスストア

などで販売される食品へのマーク表示が導入される「健康な食事」の

基準のねらいや科学的根拠とともに、健康分野の産業振興など

について議論した。

検討の結果、健康な食事は「栄養バランスを基本とする食生活

そのものではなく、そうした食生活が無理なく持続している状態」と

捉えることとし、食事への楽しみなども含めた多くの要因により

成り立つものと説明した。

また、健康な食事のパターンに合致した料理を手軽に入手し、

組み合わせて食べることを意識したマークを作成したことを紹介し、

「提供する企業等にとっては料理の質の保証、選ぶ消費者にとっては

分かりやすさがある」とし、マークを参考に食事を選び、

実践する人が増えるためにも、企業との協働は欠かすことが

出来ない取り組みだとした。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ お知らせ ◆

□次号の発刊は、1月26日(月)です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年の冬至は、本日12月22日です。

ゆず湯とかぼちゃで健康を祈るというのが、日本の伝統ですね。

さて、今年もお読みいただきありがとうございました。

みなさまの新年が笑顔多き 1 年となりますようお祈りしております。

2015年もTHF メールマガジンをよろしくお願いします。

 

【発行】株式会社THF( support@thfweb.jp

-----------------------------------------------------

□ 当社についてのお問合せ

→ Tel : 029-861-7617 / Fax : 029-861-7618

□ ホームページ → http://thfweb.jp/

(メルマガが不要な方はこちらより登録解除を行なって下さい)

□ 筑波大学田中研究室

http://www.taiiku.tsukuba.ac.jp/~tanaka/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 
戻る