THFメールマガジン

■THF Communication!!vol.153

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■

■■ THF Communication !!

■                    < Vol.153 >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

What's New ◆

 

〜最新のTHF関連トピックスを紹介します〜

□ 千葉県袖ケ浦市で健康づくり講演会を開催します。

弊社代表取締役田中が、 2 月 6 日(木) 10 時から千葉県袖ケ浦市にて講演をいたします。
テーマは「健幸華齢(健康+幸福+元気長寿)を実現しよう!生き方上手、老い方上手で健幸華齢を達成」です。

当日の講演会では、健幸華齢を実現するためのヒントをたくさん得ていただけます。お仲間やご家族をお誘いあわせの上、多くの方のご参加をお待ちしております。

 

日時: 2 月 6 日(木)  10 : 00 〜 12 : 00 (受付 9 : 30 から)

場所:千葉県袖ケ浦市民会館 大ホール

参加費:無料

申し込み・問い合わせ先 :千葉県袖ケ浦市健康推進課へお電話いただくか、もしくは健康推進課窓口でお申し込みください。 ( 電話 0438-62-3162)

講演会HP:

http://www.city.sodegaura.chiba.jp/kakuka/shimin/kenkou/kenkoudukurikouenkai.html

□スマートダイエット指導者養成講習会のご案内

〜減量支援に興味のある方にお奨めです〜

 

弊社では、適正な体重の自己管理に必要な知識と技術を支援する指導者を養成するため、減量支援にご関心のある方を対象に、スマートダイエット理論を身につけていただく講習会を開催しています。

第 9 回開催概要は以下の通りです。減量支援に関心がある方は、ぜひご参加ください。

 

【日時】:平成 26 年 3 月 8 日(土)

10 : 00 〜 17 : 30 (休憩 1 時間を含む)

【場所】:東京都中央区銀座 6-7-4  健康院クリニック 5 階 大会議室

※会場についてのお問合せは株式会社 THF へお願いいたします。

【定員】: 20 名(先着順)

【対象】: 18 歳以上で減量支援にご関心がある方 (栄養士等の資格がなくても受講いただけます)

 

内容などの詳細、お申し込み方法については弊社ホームページをご覧ください。 来年度の講習会日程も決定いたしましたので、併せてご確認ください。

http://thfweb.jp/01overview/NEWS01.html

皆様のご応募を心よりお待ちしております。

 

-----------------------------------------------------

◆ Academic News ◆

〜最近の気になる研究や論文情報を紹介します〜

 

【JAMA Internal Medicine】

高齢期におけるBMIと腹囲の意義を検討した、米国における36,611人の高齢女性を対象としたコホート研究。ベースライン年齢は72.4歳。アウトカムは、(1)ベースラインから85歳まで病気にかからずに健康、(2)ベースラインから同じ病気、(3)新たな病気を発症、(4)身体障害の発症、(5) 死亡であった。標準体重の女性と比べて、やせと肥満では、85歳以前に死亡する確率が高かった。過体重と肥満では、病気、身体障害の発症リスクが高かっ た。腹囲が88cm以上であることも、早死、病気発症、身体障害発症と関連した。

http://archinte.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1770523

 

【New England Journal of Medicine】

2型糖尿病患者を対象に、BMIと死亡率の関連を検討した。2型糖尿病を有するコホート研究参加女性8970人と男性2457人を15.8年間追跡した。BMIと死亡率の関係はJ字型を示したが、非喫煙者に限定すると線形となった。したがって、過体重や肥満であった方が死亡率が低い、という結果は得られなかった。

http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1304501

-------------------------------------------------------

◆気になる健康関連ニュース◆

□ 24 年度高齢者虐待調査 養護者による虐待・相談件数ともに減少

厚生労働省は 12 月 26 日、「高齢者虐待の防止、高齢者の擁護者に対する支援等に関する法律」に基づく平成 24 年度の高齢者虐待の対応状況等に関する調査結果を公表した。養介護施設従事者等による虐待判断件数や相談・通報件数は過去最高だったが、養護者によるものはいずれも減少した。両方が減少に転じたのは調査が開始されてから、 7 年目で初めてであった。

養護者による高齢者虐待は相談・通報件数が 2 万 3843 件、虐待判断件数が 1 万 5202 件で、それぞれ 1793 件、 1397 件減少している。

減少の要因について厚労省は「早期発見と早期対応を市町村が進める過程で当初は増えるが、掘り起しが進む段階で減少する時期があるとみられる」と法の趣旨が徹底している状況にあることを指摘した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ お知らせ ◆

□次号の発刊は、2月24日(月)です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

年初に今年の目標を立て、新たなチャレンジを 始めた 方も多い のではないでしょうか。 あっという間に 一ヶ月 が過ぎようとしていますが、 計画は順調に進んでいますか。 2014 年もみなさまにとりまして、幸多き一年となりますよう祈念しております。本年も THF Communication !! を どうぞよろしくお願いいたします。

【発行】株式会社THF( support@thfweb.jp

-----------------------------------------------------

□ 当社についてのお問合せ

→ Tel : 029-861-7617 / Fax : 029-861-7618

□ ホームページ → http://thfweb.jp/

(メルマガが不要な方はこちらより登録解除を行なって下さい)

□ 筑波大学田中研究室

http://www.taiiku.tsukuba.ac.jp/~tanaka/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 
戻る