THFメールマガジン

■THF Communication!!vol.150

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■

■■ THF Communication !!

■                    < Vol.150 >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

What's New ◆

 

〜最新のTHF関連トピックスを紹介します〜

 

□「いばらき健康・運動リーダーサミット 2013 」が平成25年11月14 日(木)13:00 〜16:30に筑波大学(大学会館 講堂)にて開催されます。

健康づくりや介護予防のためにボランティアとして運動指導の最前線に立ち、活躍されている地域の運動リーダーのみなさまが、今後の地域活性化や健康づくりについて、具体的に議論します。それぞれの立場から、現在の取り組みについてプレゼンテーションするとともに、会場全体からの質疑を交えてディスカッションをおこないます。

 

【日 時】:平成25年11月14日(木)13:00〜16:30

【場 所】: 筑波大学 大学会館 講堂 (茨城県つくば市天王台1 - 1 - 1)

http://www.tsukuba.ac.jp/access/map_south.html

【プログラム】

13:00 〜 13:10   開会式

13:10 〜 13:50  講演「いくつになっても輝ける健幸華齢社会の醸成に向けて」(筑波大学体育系 田中喜代次教授)

14:00 〜 15:30   シンポジウム

        「健康・運動リーダーが担う地域の健康づくりについて〜現状と課題〜」

15:40 〜 16:00  つくば健幸華齢大学構想について

16:00 〜 16:15   社会貢献事例の紹介(筑波大学と企業の共同研究)「健康度測定装置を内蔵する家庭用体重計の開発」

16:15 〜 16:30   総評・閉会式

※申し込み不要・参加費無料です。

 

【主 催】

 筑波大学 体育系

【後 援】

  茨城県、茨城県立健康プラザ、つくば市

【協 賛】

 株式会社 THF (筑波大学発研究成果活用企業)

【お問い合わせ先】

 株式会社 THF

TEL 029-861-7617

 

□スマートダイエット指導者スキルアップ研修会のご案内

〜減量指導力の向上を目指したい方にお勧めです〜

スマートダイエット指導者資格保持者は、 2013 年 9 月現在で 140 人を超えました。本研修会では、スマートダイエット指導者が効果的な減量指導を遂行できるよう、減量実践者に対する支援力の向上を目指し、動機づけや教室の運営方法、課題に対する対処法を学びます。

 

【日時】:平成25年11月16日(土)13:00〜16:00

【場所】: BumB 東京スポーツ文化館 研修ルーム C

(〒 136-0081 東京都江東区夢の島 2-1-3

東京メトロ有楽町線、 JR 京葉線、りんかい線、『新木場駅』下車、徒歩 10 分)

http://www.ys-tokyobay.co.jp/

※会場についてのお問合せは株式会社 THF へお願いいたします。

【内 容】
13:00 〜 14:20  特別講演「 減量の動機づけの極意に迫る!」 (筑波大学医学医療系 中田由夫准教授)

14:30 〜 14:50  個別指導スマートダイエット教室のカリキュラム

14:50 〜 15:45   ケーススタディに学ぶ対処法 ( これまでに多く寄せられた、指導方法や教室運営に関する質問を基に、グループディスカッションをします )

15:45 〜 16:00   質疑応答

 

【定員】: 30名(先着順)

【対象】: スマートダイエット指導者

 

内容などの詳細、お申し込み方法については弊社ホームページをご覧ください。

http://thfweb.jp/01overview/SD2013skillup.html

皆様のご応募を心よりお待ちしております。

-----------------------------------------------------

◆ Academic News ◆

〜最近の気になる研究や論文情報を紹介します〜

 

【 British Medical Journal 】

BMI と循環器疾患死亡との関連を検討したプール解析。アジアにおける 20のコホート研究に参加した東アジアと南アジアの男女 1,124,897人が対象。平均9.7年間の追跡期間中に 49,184 例の循環器疾患死亡が確認された。 BMI と死亡率の関係について、日本を含む東アジア人ではU 字型の関係があり、BMIが高くても低くても死亡率が高かったが、南アジア人では高 BMIは死亡率に対してそれほど高い危険因子ではなかった。

http://www.bmj.com/content/347/bmj.f5446

 

【 International Journal of Obesity 】

水分摂取と体重変化との関連を検討したコホート研究。 Nurses ' Health Study に参加している40-64歳の女性 50,013人、NHSIIに参加している27-44歳の女性52,987 人、Health Professionals Follow-up Studyに参加している40-64歳の男

性 21,988 人を対象に、4 年ごとの体重と水分摂取量を調査した。4 年間の平均体重増加量は1.45 kgであり、多変量調整後のコップ 1 杯分の水の摂取量の増加は0.13kgの体重増加抑制につながった。逆に、砂糖入り飲料は 0.36kg の体重増加促進につながっていることから、砂糖入り飲料を水に置き換えることで、0.49kgの体重増加抑制につながることが示唆された。

http://www.nature.com/ijo/journal/v37/n10/full/ijo2012225a.html

 

-------------------------------------------------------

◆気になる健康関連ニュース◆

 

24年度概算医療費 総額38.4兆円で6,400億円増加

厚生労働省は、平成24年度の概算医療費の動向を発表した。医療費総額は38兆4,000億円で前年度に比べ 6,400 億円、1.7%増加し、過去最高を更新したものの、平均在院日数の短縮などに伴う延患者数の減少が影響し、医療費総額の伸び率は近年の水準に比べると低い。ただし、医療の高度化等による医療費の単価の伸びが医療費総額を押し上げる傾向は継続している。また、70歳以上分が17兆4,000億円で、医療費総額の約 45%を占める一方、人口減少が医療費水準を0.2%程度押し上げる要因になっており、少子高齢化の影響が医療費に色濃く現れている。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ お知らせ ◆

□次号の発刊は、11月25日(月)です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年も残すところ約2ヶ月となり、月日が過ぎるのは本当に早いものですね。今月は10年に1度の規模とも言われた台風26号の影響で、首都圏では通勤時間の交通機関が混乱、伊豆大島では大規模な土砂災害が起こるなど、全国的に激しい雨と暴風による被害が多く出てしまいました。これから寒さも厳しくなりますので、風邪など召されませんようご自愛ください。

 

【発行】株式会社THF( support@thfweb.jp

-----------------------------------------------------

□ 当社についてのお問合せ

→ Tel : 029-861-7617 / Fax : 029-861-7618

□ ホームページ → http://thfweb.jp/

(メルマガが不要な方はこちらより登録解除を行なって下さい)

□ 筑波大学田中研究室

http://www.taiiku.tsukuba.ac.jp/~tanaka/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 
戻る