THFメールマガジン

■THF Communication!!vol.144

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■

■■ THF Communication !!

                   < Vol.144 >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

What's New

 

〜最新のTHF関連トピックスを紹介します〜

 

□弊社代表取締役田中が米国スポーツ医学会のフィットネス実習を視察

 

2013 ACSM Fitness Summit and Exposition ( 3.13-15 , Las Vegas )

 

エクササイズのレッスンでは軍隊の訓練、闘争心を高める儀式、アフリカ黒人やインディアンの伝統的踊りから派生したパワフルな動き、気持ちのパワーアップを図る動きがたくさん含まれており、参加者(大半が指導者)が一つになっていました。アップテンポな曲、気持ちが高まる曲に合わせてスクワット、バーピー、相撲の四股タイプ、スピードをつけての高強度ツイストなど、全身のフィットネスでした。

Schwinn Cyclingでは、水分補給しながら90回転の高強度サイクリングや立ちこぎとクールダウンの組合せで汗だくになりました。回転数が早い時には120rpmまで上昇し、30分で300-500 kcal程度の消費ではないでしょうか。まさにアメリカの力強さを感じ、控えめな日本人はしなやかな動き、配慮の行き届いた巧みな支援を得意とするのだと、あらためて感じました。

 

□「健康づくり体感フェア 2013 」が平成 25 年 5 月 19 日(日) 10 : 00 〜 12 : 00 に千葉県野田市役所( 8 階大会議室)にて開催されます。

 

平成 18 年より開始し、今年度で 8 年目を迎える「野田市健康づくり推進プロジェクト」は「高齢期に入る前からの積極的介護予防」と「市民同士で支える健康づくり」を目的としています。主な内容としては、生活習慣病の予防や体力向上を目的とした各種教室の開催、「介護予防サポーター ( 地域の介護予防教室等で支援が必要な高齢者を支えるボランティア)」を育成するための研修など、様々な事業をおこなっています。

「健康づくり体感フェア 2013 」では、平成 24 年度の成果報告のほか、筑波大学大学院 田中喜代次教授による講演、野田市オリジナル介護予防体操「えだまめ体操」、からだバランスのセルフチェックのほか、来場者に健康グッズ(ストレッチストラップ)のプレゼントを予定しています。この機会に、市民同士で支える野田市の健康づくりを体感してみませんか?皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

□スマートダイエット指導者養成講習会のご案内

〜減量支援に興味のある方にお奨めです〜

弊社では、適正な体重の自己管理に必要な知識と技術を支援する指導者を養成するため、減量支援にご関心のある方を対象に、スマートダイエット理論を身につけていただく講習会を開催しています。

本年度は 3 回の開催を予定しており、第 7 回開催概要は以下の通りです。減量支援に関心がある方は、ぜひご参加ください。

 

【日時】:平成 25 年 6 月 1 日(土)

     10 : 00 〜 17 : 30 (休憩 1 時間を含む)

【場所】:東京都中央区銀座 6-7-4  健康院クリニック 5 階 大会議室

     ※会場についてのお問合せは株式会社 THF へお願いいたします。

【定員】: 30 名(先着順)

【対象】: 18 歳以上で減量支援にご関心がある方

      (栄養士等の資格がなくても受講いただけます)

 

内容などの詳細、お申し込み方法については弊社ホームページをご覧ください。

http://thfweb.jp/01overview/NEWS01.html

皆様のご応募を心よりお待ちしております。

 

-----------------------------------------------------

◆ Academic News ◆

〜最近の気になる研究や論文情報を紹介します〜

 

【PLoS Medicine】

6つの前向きコホート研究をプールした654,827人(21〜90歳)のデータから、 身体活動と死亡との関連が検討されました。 追跡期間の中央値は10年で、死亡は82,465例でした。 余暇活動をおこなっていない群と比べて、週75分の早歩きに相当する身体活動をおこなっている群では平均余命が1.8年延長し、週450分以上の早歩きに相当する身体活動をおこなっている群では、平均余命が4.5年延長する結果が得られました。

http://www.plosmedicine.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pmed.1001335

 

【Preventive Medicine】

カナダにおける国の代表集団(約37,000人)において、身体活動と精神障害との関連が検討され、10人にひとりが最近12ヵ月間での精神障害を報告しました。分析の結果、身体不活動は精神障害の有意な危険因子であることが分かり、およそ78万例の精神障害が身体不活動によるものと推定されました。仮に身体不活動を10%抑制できれば167,000例、25%抑制できれば389,000例、精神障害を減らすことができると考えられます。また、女性よりも男性で、身体活動は精神障害により関連することが分かりました。

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0091743512005919

 

-------------------------------------------------------

◆気になる健康関連ニュース◆

□ 2040 年 都道府県・市区町村の将来推計人口発表

国立社会保障・人口問題研究所は 3 月 27 日、都道府県別・市区町村別の将来人口を推計した「日本の地域別将来推計人口(平成 25 年 3 月推計)」を公表しました。 2040 年の段階で 65 歳以上の絶対数の増加が著しいのは大都市圏と沖縄県で、 2010 年の国勢調査時に比べ、神奈川県は 1.6 倍、東京都は 1.5 倍などに増えます。特に埼玉県と神奈川県は 75 歳以上が 2 倍以上になるなど、団塊世代の大都市圏への集中と、団塊ジュニアの高齢化により、大都市圏での人口高齢化が浮き彫りとなりました。 2040 年には 40 都道府県で 75 歳以上の人口割合が 2 割を超え、総人口は全ての都道府県で 2010 年を下回ります。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ お知らせ ◆

□次号の発刊は、 5 月 27 日(月)です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回からメールマガジンの配信担当になりました。皆様にとりまして、耳寄りな情報をお伝えできるよう努めて参りますので、よろしくお願いいたします。もうすぐゴールデンウィーク、健康管理に気を付けて、楽しい休日をお過ごしください。

 

【発行】株式会社THF( support@thfweb.jp

-----------------------------------------------------

□ 当社についてのお問合せ

→ Tel : 029-861-7617 / Fax : 029-861-7618

□ ホームページ → http://thfweb.jp/

(メルマガが不要な方はこちらより登録解除を行なって下さい)

□ 筑波大学田中研究室

http://www.taiiku.tsukuba.ac.jp/~tanaka/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 
戻る