THFメールマガジン

■THF Communication!!vol.120

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■

■■ THF Communication !!

■                    < Vol.120 >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆ What's New ◆ 〜最新のTHF関連トピックスを紹介します〜

□スマートダイエット指導者養成講習会 〜申込受付中〜

 

5 月 21 日(土)に講習会を開催します。本講習会はスマート

ダイエット理論を理解し、実践力を身につけることができる内

容で構成しています。

減量支援に関心がある方は、ぜひ、ご参加ください。

 

本講習会についての詳細は、下記のURLからご覧ください。

申込方法に関する情報も記載しております。

http://thfweb.jp/index.html

-----------------------------------------------------

◆ Academic News ◆

〜最近の気になる研究や論文情報を紹介します〜

 

【 American Journal of Preventive Medicine 】


余暇時身体活動( LTPA )が死亡率を抑制する効果は、高齢期

における肥満および機能制限に関わらず認められる。スペイン

における60歳以上の2732 人を対象に、2001年から2003年のLTPA

変化を評価し、2003年から2009年までの死亡率との関連性を検

した。2001年から2003年までの間、ずっと座位活動中心であ

った者と比べて、LTPAを増やした者は死亡率が34%低く、ずっと

活動的だった者は死亡率が45%低かった。この関係は肥満と機能

制限で層別化しても変わらなかった。


http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21146766

【 Circulation 】


米国心臓協会における女性を対象とした心臓血管疾患予防のガ

イドラインがアップデートされた。禁煙、運動、リハビリテー

ション、食事、体重管理、オメガ3脂肪酸、リスク(血圧、脂質、

糖尿病)管理等についての情報がまとめられている。運動につ

いては、中強度の運動を週150分以上、高強度であれば週75分以

上を推奨している。さらに、中強度運動を週 300 分、高強度で

あれば週 150 分まで運動量を増やすことで、さらなる効果が期

待される。


http://circ.ahajournals.org/cgi/content/full/123/11/1243

-------------------------------------------------------

◆気になる健康関連ニュース◆

□メタボ予防のための食事改善・運動実践継続者は41.5%

20歳以上の3000人に対して「食育の現状と意識に関する調査」

おこなわれた。メタボリックシンドロームの認知度は 96.4 %で

あったが、一方で3.5%は「言葉も知らない」と回答した。また、

内閣府は、メタボリックシンドロームの予防や改善のために@適

切な食事、A定期的な運動、B週に複数回の体重計測の実施を必

要としている。この中のいずれかを継続的に実践している者を調

査したところ41.5%であった。この値は第2次食育推進基本計画

で定めた目標値50.0%を下回っている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お知らせ ◆

□次号の発刊は、 5 月 30 日(月)です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガ配信を担当して、早くも1年が経ちました。次回から

新たな担当者がメルマガを配信いたします。今後も、最新の情報を

皆さまに提供していきたいと思いますので、今年度もどうぞよろし

くお願い申し上げます。

【発行】株式会社THF( support@thfweb.jp

-----------------------------------------------------

当社についてのお問合せ

→ Tel : 029-861-7617 / Fax : 029-861-7618

□ ホームページ → http://thfweb.jp/

(メルマガの登録解除もこちらから)

筑波大学田中研究室

http://www.taiiku.tsukuba.ac.jp/~tanaka/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
戻る