THFメールマガジン

■THF Communication!!vol.107

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■

■■ THF Communication !!

■                    < Vol.107 >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ What's New ◆

〜筑波大学『 BEST FASULTY MEMBER 』受賞〜

 この度、田中社長が平成 21 年度大学教員業績評価において、

「 BEST FASULTY MEMBER 」を受賞しました。学内において

優れた活動をおこなったと認められ、今回の受賞となりました。

3 月 9 日(火)筑波大学会館ホールにて、

授賞式と受賞者記念講演がおこなわれました。

 

-----------------------------------------------------

【 Special contents 】

〜 田中社長 健康科学コラム 《基準値の問題点について》〜

•  肥満判定基準: body mass index ( BMI , kg/m 2 )

外国では BMI 30 以上、我が国では 25 以上を肥満と判定

しています。 BMIが5違うと、同じ身長、例えば180cmであれば

16kgもの差が生じます。身長が160cmでも13kgもの差になります。

30を採択すれば、 25 以上で肥満と判定された人の大半が

非肥満になるのです。そもそも肥満の判定基準は男女同一で

良いのでしょうか?また、 20歳、40歳、60歳、80歳はみな

成人ですが、年齢を考慮しない同一基準で良いのでしょうか?

日本と諸外国でこれほど違いがあるのに放置したままで

よいのでしょうか?

•  メタボ判定(女性の腹囲)

現在の診断基準である90cmを80cmに変更すれば、メタボは倍増

するでしょう。ちょっとお腹周りが気になる程度の健康肥満が

保健センターやメディカルフィットネスに押し寄せてくることに

なるかもしれません。メタボ予備軍の大半は健康な人とそれほど

変わらない身体状態、つまりお隣りさん的な存在なのです。

その一方で、肥満(病的肥満、重症メタボ)は10cmも15cmも腹囲を

減らすことが非常に困難だと判断して、メタボ脱出を諦めて

しまうでしょう。あげくの果てに外科的手術に頼り、身体の一部を

傷つけてしまうかもしれません。

•  アメリカ農務省 (USDA) のフードピラミッド 

 決して推奨されるものではないとの強い批判が栄養医学専門家

から出ています。主な理由は、このフードピラミッドには食料に

関する各種団体の利害が考慮されているからだと言われています。

トランス脂肪酸の問題は、最近になって一般国民に知られるように

なりましたが。専門家の間ではもっと以前から指摘されていたこと

です。フードピラミッドを理想の構成にすることで、経済産業の

視点からみてマイナス面が出てくることになり、

ビジネスが成り立たないのです。

•  女子栄養大学式の4群点数法 

1 ? 3 群を男女とも1点に限定するのと、男性は1群、2群あたりを

1.5点まで許容するのとどちらが良いのか、私は自問自答を繰り返し

ています。身長差、年齢差、肉体労働かデスクワークかの職業形態差、

スポーツ活動の有無などを考えると、また嗜好や体質までを考慮する

と、幅をもたせる導きが本来の姿ではないでしょうか?しかし、

柔軟に解釈して幅のある導きを導入すれば理想に近づくものの、

個人差が大きくなり、非一貫性が生じます。

上記のように、基準値には様々な問題点が潜んでいます。我々が

健康的な生活を送っていくためには、ある程度の基準値は必要ですが、

それに縛られることなく、柔軟な姿勢でそれらをうまく生活に

取り入れていくことが大切です。

 

-----------------------------------------------------

◆ Academic News ◆

〜最近の気になる研究や論文情報を紹介します〜

【 European Heart Journal 】
1995 年に 1739 名の男女を対象にポジティブ感情の程度などを

測定し、10年間、心疾患発症の調査を続けた。その結果、年齢、性、

心疾患リスクファクタを調整したところ、ポジティブ感情は心疾患発症

リスクを抑えていた( 0.78 、 95 % 信頼区間 0.63―0.96 )。

うつ状態であることは有意なリスク増加と関連していた。敵意性と

心配性は関連していなかった。心疾患発症にはポジティブ感情と

うつ状態が関連していることが分かった。
http://eurheartj.oxfordjournals.org/content/early/2010/02/17/eurheartj.ehp603.long

【 Medince and Science in Sports and Exercise 】
全身持久性能力と肺がんによる死亡率の関連についてのコホート研究。

20〜84歳の男性38,000人に対して平均17年間を追跡。ベースライン時の

トレッドミルテストの結果から、下位20%、中位40% 、上位40%に分けて

検討した。全体で232例の肺がんによる死亡が発生し、年齢、 BMI、

喫煙等で調整したハザード比は、下位、中位、上位の順で、1.0 、

0.48( 0.35-0.67 )、0.43( 0.28-0.65 )となり、全身持久性能力は

肺がん死亡率と負の関連を示した。
http://journals.lww.com/acsm-msse/Abstract/publishahead/The_Influence_of_Cardiorespiratory_Fitness_on_Lung.99396.aspx

 

 

今月の「気になる健康ニュース」はお休みします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ お知らせ ◆

次号の発刊は、 4 月 26 日(月)です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 東京では桜の開花宣言が出ました。

つくばの桜のつぼみもふくらみ始め、いよいよ春本番です。

季節の変わり目は体調も崩しやすいのでご注意ください。 

 

【発行】株式会社THF( support@thfweb.jp

-----------------------------------------------------

□ 当社についてのお問合せ

→ Tel : 029-861-7617 / Fax : 029-861-7618

□ ホームページ → http://thfweb.jp/

(メルマガの登録解除もこちらから)

筑波大学田中研究室

http://www.taiiku.tsukuba.ac.jp/~tanaka/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

 

 

 

 

 
戻る