THFメールマガジン

THF Communication!!vol.58
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■                                 
■■        THF Communication !!               
■                           <Vol. 58>         
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

A Column ◆  〜 田中喜代次の「高齢者に向けた実際的健康支援」

 

  □ 第9回『環境に合わせた処方:本人の志向をサポートすべき』

 

    運動を処方・指導する場合、運動量や運動強度を増加させて

   いくことは体力向上や健康増進を目指すために必要です。

   しかし、有疾患者や高齢者に対しては無理をせず、一人ひとりに

   合った導きをしていくことが当然です。それを見つけるには、

   指導者と本人との連携が重要で、運動強度を上げ下げしながら、

   また時間や頻度を調節しながら探っていかねばなりません。

    ウォーキングに取り組むことを一旦決意したとしても、

   経験を積んでいく中で別の種目に切り替えてもよいでしょう。

   自分にふさわしい種目は、時間をかけてさまざまな経験を

   積んでいく中で見つかることが多いです。また、見つかったと

   しても、年齢とともに「これだ!」といえる自分に合った種目が

   変わっていくこともあります。生活環境の変化によって個人の

   志向も変化していくのです。

    重要なことは、理屈をこねるよりも、まずは実践しながら

   からだのさまざまな反応を体験していくことです。実践の積み

   重ねによって、そしてその時々の健康状態や体力、年齢、性格、

   考え方(人生設計)によって、自分に合っているかどうかが

   次第にわかっていきます。試行錯誤して最終的に自分で決めた

   方法論は、科学的にみても妥当であることが多いと思います。

   科学的エビデンスを出していくのは、その次のステップと私は

   想います。エビデンスづくりの前に、方法論のブラッシュアップが

   肝要でしょう。

----------------------------------------------------------------------

Academic News ◆  〜 最近の気になる研究や論文情報を紹介します

 

 □ Journal of the American Geriatrics Society 55(12)

   身体活動量の増大は、より大きなセルフエフィカシーの改善、

   身体機能の改善に関与する。これは、身体活動量の増大が

   結果的に機能的制限の低下につながることを示す。

   高齢女性 249 名を対象とした縦断研究。

   → http://www.blackwell-synergy.com/doi/abs/10.1111/j.1532-5415.2007.01469.x


 □ Human Reproduction

   正常な排卵のある女性の不妊症に、肥満が関与する可能性が

   ある。レプチンの破壊が受精を妨害する可能性がある。

   自然妊娠が困難であった 3029 組の男女を対象とした縦断研究。

   → http://humrep.oxfordjournals.org/cgi/content/abstract/dem371v1

----------------------------------------------------------------------

◆ 気になる健康関連ニュース ◆  〜最近の健康関連情報を紹介します〜

 

 □『 離職で体調悪化 男性に傾向強く

 

   厚労省は昨年 12 月 26 日、「中高年縦断調査」の結果を発表し、

   中高年で体調を崩す人は男性のほうが多く、その要因として

   離職が関連している可能性があることがわかった。

   調査は、 2005 年 10 月末現在で 50 〜 59 歳だった男女が対象で、

   2005 年 11 月に第 1 回目、 2 年後の 2007 年 11 月に第 2 回目の調査を

   おこない、両調査に応じた約 3 万人の回答を分析した。分析は

   脳卒中、がん、高血圧、糖尿病、高脂血症、心臓病の 6 疾病に

   ついておこなわれた。

   第 1 回調査時は健康だったが第 2 回調査時に罹患していた人の

   割合を比較したところ、がんを除く 5 疾患で、男性のほうが

   罹患率が高かった。また、仕事についてたずねたところ、

   第 1 回調査時は仕事を持っていたが、第 2 回調査時では離職して

   いたのは男性 3.6 %、女性 5.0 %で、この間に健康状態が「良い」

   から「悪い」に変化したのは男性 19.4 %、女 13.9 %だった。

   厚労省では「健康がすぐれずに離職した人もいるが、離職が

   体調悪化につながった可能性があり、その傾向は男性に強く

   表れているようだ」と分析している。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

明けましておめでとうございます!元旦に 2008 年の抱負を立てました。今年は

「有言実行」。まず発言に気をつけて…責任感をもって動きたいと思います!

 

  【発行者】株式会社THF 事業部 石田梨絵 ( support@thfweb.jp )

----------------------------------------------------------------------


  □ 当社についてのお問合せ → Tel:029-861-7617 / Fax:029-861-7618
    ホームページ → http://thfweb.jp/  (メルマガの登録解除もこちらから)
 
  □ 筑波大学田中研究室 → http://www.taiiku.tsukuba.ac.jp/~tanaka/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
戻る