THFメールマガジン

■THF Communication!!vol.194

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■                          

■■      THF  Communication !!

■                   < Vol.195 >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ What's New ◆

〜最新のTHF関連トピックスを紹介します〜

 

□第 12 期スマートダイエット教室開催のご案内

〜今回は運動を取り入れた全 8 回コースです〜

「スマートダイエット」は、筑波大学の研究成果から

開発された、食生活改善(食育)を中心とした減量教育

プログラムです。

この度、運動を取り入れた全 8 回コースの

「第 12 期スマートダイエット教室」を 9 月から開催することが

決定いたしましたので、以下ご案内いたします。

お得なペア割もありますので、ぜひこの機会にお誘いあわせの上、

スマートダイエット教室にご参加ください。

 

【日  時 】  木 曜日コース (全 8 回)

        日程: 9 月 7,14,28 日、 10 月 12,19,26 日

           11 月 2,9 日

        時間:10時〜12時

【場 所】 株式会社THF 301 号室

        住所:茨城県つくば市天久保 2-14-2

           つくばイーストビル 301

【対 象】 減量したい方(先着 10 名)

【受講料( 1 人あたり)】

      ■ 1 人で参加:税込 32,000 円

      ■ペアで参加:税込 28,000 円

       (別途教材費税込 3,000 円)

【申込み方法】

      ■電話から 029-861-7617 (月〜金: 10 〜 17 時)

      ■ web から  http://thfweb.jp/

       トップページ

         「スマートダイエット教室 in つくば」より

   教室の詳しい内容は、弊社ホームページをご覧ください。

http://thfweb.jp/01overview/301SD201709.html

-----------------------------------------------------

◆ Academic News ◆

〜最近の気になる研究や論文情報を紹介します〜

 

【Annals of Internal Medicine】

減量後の体重維持介入の効果を検討したランダム化比較試験。

BMI 30以上の対象者に、16週間の減量介入をおこない、

4 kg以上の減量ができた者を追跡対象者とした。

初期の体重減少量が10kg以上であったかどうかで層別化した上で

ランダム割付した。介入群には、主に電話で、満足感の聞き取りや

リバウンド予防の計画、セルフモニタリング、社会サポートなどの

助言をおこなった。対照群には測定の連絡以外の接触はなかった。

主要評価項目は56週時の体重増加量であった。504人が参加し、

222人が4kg以上の減量を達成し、2群に割り付けられた。

体重増加量は、対照群の2.36 kgに対して、

介入群で0.75 kgであり、有意差が認められた。

http://annals.org/aim/article/2605026/

 

【Journals of Gerontology Series A: Biological Sciences

and Medical Sciences】

身体障がいが発生した後でも、身体活動は健康効果を

もたらすのだろうか。

スペインの60歳以上3,752人を対象に質問紙調査を実施した。

身体活動レベル(不活動、時々、毎月、毎週)と身体障がい

(敏捷性、歩行、日常生活活動、手段的日常生活活動、

セルフケア)について尋ね、平均10.8年間、追跡した。

解析の結果、いずれの身体障がいも総死亡、循環器疾患死亡に

関連していた。身体活動の実施は、総死亡の26〜37%、

循環器疾患死亡の35〜50%減と関連していた。

「身体障がいを有さず、身体活動を実施している者」と比べ、

「身体障がいがあり、不活動な者」では、総死亡および

循環器疾患死亡のハザード比が高かった

(それぞれ1.52〜1.90、1.99〜2.24)。

「身体障がいがあり、活発な者」と「身体障がいがなく、

不活動な者」のリスクは同程度であった。

https://doi.org/10.1093/gerona/glx117


-------------------------------------------------------

◆ 気になる健康関連ニュース ◆

 

□日本サルコペニア・フレイル学会 認定指導士制度立上げ

 

一般社団法人日本サルコペニア・フレイル学会は、多領域の

臨床・基礎研究分野での研究の発展を目指し、

医療・介護専門職、基礎医学分野の研究者との交流の場として

平成 28 年 10 月 17 日に設立された。

同学会は 6 月 21 日会見を開き、活動方針を示した。

健康寿命の延伸や要介護期間の半減を目標に活動を展開する。

平成 30 年度に学会認定指導士制度を立ち上げ、高齢者などの

心身機能を包括的に評価し、適切な指導を通じて自立支援を

促進できる人士を育成する。

現時点で資格対象者は日本国の医療・福祉に関する国家資格、

または同学会が認めた資格を取得して 3 年以上経過した学会員を

想定しており、学会指定の研修・実技試験を受講し、

試験に合格することを認定の条件とする考えである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ お知らせ ◆

□ 次号の発刊は、8月28日(月)です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

各地において水害による被害を受けられた方々へ心より

お見舞い申し上げます。

一日も早く平穏な生活に戻れますよう、心からお祈りいたします。

【発行】株式会社THF( support@thfweb.jp

-----------------------------------------------------

□ 当社についてのお問合せ

→ Tel : 029-861-7617 / Fax : 029-861-7618

□ ホームページ → http://thfweb.jp/

(メルマガが不要な方はこちらより登録解除を行なって下さい)

□ 筑波大学田中研究室

http://www.taiiku.tsukuba.ac.jp/~tanaka/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 
戻る